きいろいひとりっぷ

デーヴにそっくりな広島人の心の旅

宮沢賢治の『土神ときつね』に教わった、心穏やかに生きるヒント

宮沢賢治といえば、自然との親しみが深く、その力強い描写や擬人化などが作品を魅力的なものにしている。 そんな彼の作品の中に、『土神ときつね』という短編童話がある。 美しい女性に擬人化された樺の木を巡って、不精で気の荒い土神が小奇麗で見栄っ張り…