読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きいろいひとりっぷ

ニート歴半年の庶民の心の旅

【自己紹介に代えて】 ミニオン級の悩みー広すぎるおでこと前髪

「おなじ顔が二つ並んでる・・・?」

 それは、私がプロフィール写真にも写っているこのTシャツを着た時のこと。

 

  f:id:davie-in-yellowdave:20160829204154j:plain

 

 彼氏がアメリカ出張に行ったときに、ウォルマートで買ってきてくれたお土産だ。

 

鏡の前。
無邪気に見開いた目、存在(感)のない鼻、とぼけたような半開きの口、頭が大きくくびれのない躯体。
描かれているキャラクター「ミニオン」と自分の顔を並べて見比べていると、一つ一つのパーツの特徴がそっくりで、他人とは思われなくなってきた。
彼氏の方へ振り返り、さりげなく聞いてみた。

「・・・似とる?」

 

何と何が似ているか、説明する必要はなかった。
彼は大爆笑し、自分の仮説が立証されたのだとわかった。

 

確かにコイツはかわいい。でもそれはキャラクターとしてかわいいのであって、生身の人間である自分がこの黄色い生き物にそっくりなのはどうかと思う。

 

ミニオンズの映画はまだ見たことないが、調べたところミニオンの容姿は一人ずつ違っていて、背丈、目玉の数、髪の毛で見分けられ、このTシャツに描かれているのはデーヴだとわかった。)

 

 本当にそっくりなのは目や口じゃなかった

ともかく私のお気に入りランキング上位に入ったこのTシャツ。にもかかわらず、もらって早々コーヒーをこぼした。。。 洗濯し、無事にシミも取れてきれいに乾いたミニオンを見つめていると、あることに気がついた。

 

おでこがそっくり。

 

私は生まれつきおでこが広く、幼少時代のあだ名は「デコ」「ヘルメットデコ」等、おおむね おでこ関連のものだった。 前髪の生え際がきれいな円弧で、額が広いため、正面から見ると本当に真ん丸顔なのだ。おでここそ、デーヴそのものだった。

 

f:id:davie-in-yellowdave:20160829224447j:plain

 

先日初めて彼のご両親にお会いした際、お義母さんより「うちの子ほんっと彼女の写真見せ渋ってねー。一回だけちらっと見せてもらったんじゃけど、あんまりにちらっとじゃけん、おでこの印象しかなかったんよー。でも実際に会ってみると、やっぱりおでこ広いねぇ」とのお言葉を頂戴した。

 

こんなにもおでこに関するコメントを受けたことは最近ではなかったので、昔よりも目立たなくなったのだと思っていたが、勘違いだったようだ。多くの方が、私の額の広さに気づきながらもツッコみたい気持ちをそっと胸にしまってくださっているのだろうか。

 

昔なら悪口にしか思えなかったであろうお義母さんのコメントを単なる事実描写として受け止めた自分は、タフになったのか鈍感になったのか、もう思春期のあの頃とは違うのだと今さらながら確認した。 しかし、これで私の悩みが晴れたわけではない。

 

前髪がキマらない

おでこが広いといっても、前髪と後ろ髪(横髪?)との境目は、通常の人と同じ頭部の位置にある。よっておでこが広い分、前髪に厚みがなくなる。外出前にどんなに丁寧にセットしても、外に出ると毛束の少ない前髪は風に吹き飛ばされ、次に鏡を見たときには、必ず横髪と同化している。ちょうどこんな感じ。

 

f:id:davie-in-yellowdave:20160829222626j:plain

 

 

ならば横髪と後ろ髪を前側に動員し、前髪に通常の人と同じ厚みを持たせてはどうかと考え、美容室に行ったことがある。
つむじとまではいかないけれど、頭頂部よりやや後ろから髪を前に持って来、前髪の長さにカットしてもらった「ニセ前髪」。うまくいくかと思いきや、これをセットする段階で、雲行きが怪しくなった。


美容師さん曰く、「お客さんの髪、コシがありますね!」
良く言えばコシがある、悪く言えば融通が利かない、ということだろう。シャンプーしてドライヤーを当てても、ニセ前髪はなかなか前側に定着しない。重力に任せ、どんどん横に流れる。


 ワックスで頑張って固めたが、美容室を出てから一時間後には、前髪もニセ前髪も所定の位置へ。

 

f:id:davie-in-yellowdave:20160829222626j:plain

 

 

諦めてニセ前髪を解放したけれど、元ニセ前髪は両サイドでうっすら盛り上がり、毛先が外ハネするものまであった。ロングストレートヘアにサイドモッコリは明らかにダサく、元ニセ前髪が落ち着くまで、結局 真正前髪もろともヘアピンでオールバックすることに。広いおでこをさらして歩くはめになった。

 

この苦い経験を繰り返さないよう、前髪の取り扱いは以後慎重にしようと決めた。 前髪を長めに切り、7:3分けでサイドに流そうか。それとも他に良い方法があるだろうか。そうこう悩んでいるうちに前髪は伸び続け、今では横髪と完全に一体化している。


先日、暑いので髪を後ろで結んでいると、彼氏に

「前髪どこ行ったん?オールバック嫌だ」

と言われ、困っている。

 

後ろ髪はかなり多い

ちなみに前髪は(おでこが広いため)少ないが、髪全体の量はかなり多い。


以前バナナクリップで髪をまとめるのがとても流行った時期があり、私も憧れてやってみようと思ったが、私の髪の分量のキャパシティーがあるバナナクリップには一度も出会ったことがなく、実現していない。

 

先日リオのオリンピックをテレビで観ていると、卓球の愛ちゃんが表彰式でバナナクリップをつけているのを(見間違いでなければ)発見し、願望が再燃、次の日さっそく市内へ出かけた。

 

自分の髪が留まるバナナクリップはやっぱりなかったけれど、代わりに一目惚れしたリボンのバレッタを購入した。

 

f:id:davie-in-yellowdave:20160829222748j:plain

 

色合いが気に入っていて、デーヴにもとてもよく似合う(笑)
女子力欠乏気味の私、ヘアアクセサリーなんて買うのは何年ぶりだろうか。なんか幸せ♪